2018年1月

【感想】岬「旅籠屋あのこの」疲れ切った心に寄り添う・・・ふとした瞬間に読みたくなる一冊

こんにちは。朝木です。今回は岬先生の 「旅籠屋あのこの」 こちらの感想を述べていきたいと思います。 あらすじ 霧の街・釧路の幣舞橋を少し先に、その宿はある。紺と白、二色の暖簾がゆれる古民家風の《旅籠屋あのこの》。この宿の…