2018年3月

【感想】森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」今回も森見ワールド全開!御都合主義万歳!

こんにちは。朝木です。今回は森見登美彦先生の 「夜は短し歩けよ乙女」 読了いたしました。 あらすじ 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。…

雑記

朝木です。   友達もこのブログを読んでくれているみたいで 「もっと日常の記事を書いてくれ!」というご要望を頂きました。 そういうわけで今日は最近の私について少し語りたいと思います。 読者が居てくれてるというの…

【感想】住野よる「青くて痛くて脆い」本書は読者に何をくれる!?人は誰しもが傷つけあう・・・

こんにちは。朝木です。今回は住野よる先生の 「青くて痛くて脆い」 読了いたしました。 あらすじ 人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年生の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮…