【鳥取観光】おすすめ!定番スポットを紹介!




こんばんは。朝木です。

6月の21日の夜から22日にかけて鳥取観光(大山ドライブ)に行ってまいりました。その内容を日記形式にて紹介していきたいと思います!

今回の観光ルートは「道の駅 神話の里白うさぎ」→「蒜山ジャージーランド」→「鍵掛峠」→「大山桝水高原」→「大山まきばみるくの里」→「砂の美術館」→「鳥取砂丘」となっております。

6月21日

「道の駅 神話の里白うさぎ」

仕事終わりに友人と合流し、私の車で夜9時に出発しました。道草を食べながらも、夜中の3時に鳥取の白兎海岸にある「道の駅 神話の里白うさぎ」に到着しました。そこでしばしの休憩・・・。実は私車中泊は初めてでして・・・キャンプ用のランプやブランケット、車用のカーテンなど買い物をしている時も非常にワクワクしておりました。

写真におさめることは出来ませんでしたが、平日は他にも車中泊をしている人がちらほらいらっしゃいました。駐車場も100台ほどあり、歩いていける距離にコンビニも。朝になって気づいたのですが、隣には「白兎神社」もありました。恋人の聖地にも認定されている有名な観光スポット。今回は時間の関係上訪問できませんでしたが、次回鳥取へ行く機会があれば訪問したいと思います。

6月22日

翌朝7時に起床しました。天気は快晴、目の前には水面に朝日を映した「白兎海岸」。朝からこんな絶景を目にすることができるなんて・・・生きててよかった・・・(本当にごめんなさい。時間の関係上こちらも写真を撮り忘れてしまいました。)

この日の予定は「蒜山ジャージーランド」を最初のポイントとして「大山」をぐるっと一周し、最後に「鳥取砂丘」を訪問する計画でドライブスタート。

「蒜山ジャージーランド」

朝8時過ぎに「道の駅 神話の里白うさぎ」を出発し、9時半ごろ「蒜山ジャージーランド」に到着しました。

非常に広々とした放牧地を有しており、のんびり自然を楽しむことが出来ました。

何となく撮影した山へ続く道なり。夏の始まりを予感させてくれます。

牛さん可愛い・・・。このように放牧することで牛のストレスを軽減し、美味しい牛乳を搾ることが出来るのだそうです。そんな蒜山の牛乳。大自然を目の前にここでとれた牛乳を早速いただきました。正直に言いますと「牛乳なんてどれも変わらないだろう・・・」とか思ってましたが、牛乳を口にした瞬間認識を改めました。「滅茶苦茶美味しいじゃないですか・・・」濃厚な味わいがあるにもかかわらず、後味が非常にスッキリしており牛乳特有の嫌な感じがしませんでした。これは市販の牛乳では味わえないですね・・・

他にもいろいろな体験ができるみたいです!

「鍵掛峠」

お次は「鍵掛峠」を目指し車を走らせます。スピードの出し過ぎには本当に注意しましょう。私も一度タイヤを滑らせガードレールが接近してきました・・・。自信の技術の過信は身を滅ぼします・・・。

「鍵掛峠」の休憩場所からの景色です。眼下には深い森、そして顔を上げれば岩肌丸出しの山が・・・。これまた絶景で非常に壮大で度肝を抜かれました。

「大山桝水高原」

そのまま「鍵掛峠」を越えて「大山桝水高原」へ。

駐車場からの一枚です。ここからロープウェイに乗り山のほうへ。

ロープウェイを吹きぬける風が心地良い・・・。春先とか秋にも訪れたい気持ちになりました。ハートだらけのカップルシートが目の前に・・・。「山だ、朝木よ、目の前の山に目をやるのだ・・・」虚しさなど鳥取の地へ置いていってやりました・・・

下に見えるのがこの後に訪れる「大山まきばみるくの里」ですね。ここからの景色も最高です・・・。眼下には永遠と続くかのように緑が広がり、日本海が一望できます。

「大山まきばみるくの里」

続いて「大山まきばみるくの里」へ。

このように牛さんが迎えてくれます。中の施設にはレストランやお土産ショップもあり、主に食事や地元の特産物などの買い物が楽しめます。また施設の前には広大な芝生が広がり、ピクニックやスポーツなどを楽しむ家族の姿が多く見受けられました。

「砂の美術館」

そしていよいよ「鳥取砂丘」へ!とその前に砂丘のすぐそばにある「砂の美術館」へ行ってまいりました。この段階で午後2時頃でした。

「砂の美術館」ここが本当にすごかった・・・展示物のクオリティの高さに圧倒されました。

現在公開している展示物の一部です。これが全て”砂”で出来ている・・・信じられますか?細かい上にリアリティが半端ないって・・・。私、絶句したのって久しぶりでした。それほどまでに壮大で言葉を失ってしまいます。砂丘へ行ったら絶対に足を運んでください。デザイナーという職人の素晴らしさをはじめ、”砂”の力や新たな魅力に気づかせてくれます。

「鳥取砂丘」

いよいよ今回の観光の大本命である「鳥取砂丘」へ。ずっと前から訪れてみたかった場所へ、漸く足を運ぶことが出来ました。

もちろん今回もリフトで向かいます。夫婦っていいもんだあ・・・。私もいくつになっても一緒に旅行やドライブに行ってくれる人生の伴侶と出会いたいものです。

「うおおおお!すげええ!砂だああああ!」と童心に返ったことを覚えています。

ラクダって本当にいたんですね・・・。ずっとおちょくられているのだと思ってました・・・。

この写真に写っている二人のレジェンド感がたまらなく好き・・・。危険な場所から生きて帰って来たのだと言わんばかりの情景です。

この一番急斜面だった場所を登ってきました。この後、登り切った疲労感が顔に出てたみたいで、帰りのリフトの途中で写真撮影のサービスがあるのですが、その写真を見て担当の人たちが「この人疲労感半端ない(笑)めっちゃ顔に出てる(笑)」みたいな感じで話していました。人を笑顔にできて私は光栄ですよ・・・?涙

 

 

登りきると目の前には美しい日本海が・・・。少し高い場所にいたので海から吹く風が非常に気持ち良い。そして眼下ではパラグライダーで楽しんでいる人も。羨ましくて仕方なかったです・・・。

最後に

私の今回の鳥取観光は以上となります。結構時間におされていたので、急ぎめに回りました。「鳥取砂丘」を出たのが午後3時半でした。ですので同じコースを辿るのであればもう少し時間に余裕が欲しいところです。他にも「はわい温泉 望湖楼」「大山寺」にも行ってみたかったので・・・。こちらは次回鳥取に訪問した際に行きたいと思います。

王道な観光ルートではありますが、王道だけあって物凄く楽しめました。皆さんも是非鳥取へ足を運んでみてください。自然を満喫できますよ。




2 件のコメント

    • そんなものは当然のように脱ぎ捨てましたね!
      連休をどう過ごすか・・・改めて大切に思いますね。

  • 朝木(あさぎ) へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です