2週間の果てに得たものとは




こんにちは。朝木です。皆様本当にお久しぶりです。2週間ぶりくらいですね。えっとですね、私この2週間とある田舎旅館のレストランスタッフをやっておりました。ええ。言わずもがな住み込みで行かせていただいたのでパソコンが手元にありませんでした。今回の記事ではこのバイトで得た2週間の経験をお伝えしたいと思います。では早速参りましょう。

とにかく田舎

そう。とにかく田舎だったんです。場所は京都の美山地区。美山を知っている人であれば、旅館のレストランでアルバイトと言えば場所はわかるでしょう。祖母の家から1時間ほどで足を運べる場所だったのでそこから通えばよかったものを、「寮があるから住む?」って言われて初めてだから当時は心惹かれるものがあったのでしょう。元気よく「はいっ!」と答えてしまいました。この寮がまた地雷だった・・・(後で詳しく書きます)。この場所は知人の紹介を経て実際に館長さんにお誘いいただいて短期バイトの機会を頂きました。えっと、初日を迎える前に特に連絡などもなく持っていくものなども全てこちらで考えて用意しました。過去に住み込みバイトの経験などもなく、てっきり前日に連絡などあるものだと思っていたのですがここはやはり田舎。だいぶなあなあでした。

そして迎えた初日

そして迎えたアルバイト生活初日。まずはざっくり何をしてもらうかの説明。ここに至るまでに何の仕事をするのか知りませんでした…(笑)。お盆期間中がとにかく忙しくなるらしく、レストランのホールをしてほしいということでした。「えっ!?ホール経験ないですよ!?」「大丈夫。どうにかなるよ☆彡」そんな涼しい顔で言われても…不安が募る一方でした。

業務に入る前に制服をもらい住み込む寮に下見がてら連れて行っていただきました。「うん。すごいところだ。」目が点になりましたね…2階建ての1階がリビングで2階に4部屋の小さな寮でした。とりあえず2週間生活する分の荷物を置き旅館の方へ戻りました。そしてようやく業務開始。初日は流れをつかむのに必死でした。大まかな流れを説明しますと、11時30分にレストラン開店→2時ラストオーダー3時閉め→宿泊の方の晩御飯準備。ざっとこんな感じです。料理を運ぶのも初めてで全ての業務にドキドキしましたね。プリキュアじゃないんだから。

お昼ご飯と晩御飯は一食200円のまかないをいただきました。これがまた量が半端なく、とてもおいしい。とにかくおいしかった。食べてる時間が本当に幸せでした。ちなみにメニューはその日のまかない担当の人によるみたいで当たり外れがあるらしいです。私的には基本外れなんてないような気がしましたが。寮にお風呂はついていないのでお風呂は旅館の温泉を借りました。働いてそのまま良い風呂入っておいしいご飯食って・・・(ここだけ聞くと充実してるように思える・・・)。甘いです。スタバのキャラメル濃いやつより甘い。寮に帰れば汗が止まらない・・・風呂入った意味!?そうなんです、もちろん寮に冷房なんてありません。(厳密にいえば数日前に壊れたらしい…)暑い・・・とにかく暑い・・・田舎なのに風も通らない・・・なんだこれは・・・なんか寮の背後にでっかい建物建ってて風通しを悪くしてるみたい…暑さで寝たり起きたりを繰り返して翌日はもちろん寝不足。辛かったでしゅ・・・

初日はこんな感じでした。とにかく寮のぼろさに驚きました。ちなみに1階のリビングは男子禁制30代の女性が独占。2階の1室を借り隣人とはふすま一枚で分けられ、田舎でプライベートなんて概念は存在していないのかもしれません。ただここまで語っていませんでしたがとにかく人が優しい。気さくな人が多い。これが田舎の特徴の一つなのでしょうか。皆さん癖はあっても基本的に優しい。おばちゃんもおっちゃんも同年代の方も。どこが優しいって?慌てないでください。次の日にちゃんとエピソードがありますから!

翌日

迎えた翌日。実は初日の夜に友達が2人できました。同じ寮の隣の部屋に住んでいる同じアルバイトの子と寮の隣の家に1人暮らししている子。朝ごはんの用意を完全に忘れていた私が「明日の朝ごはんどうしよう」ってぼやいたら、その隣の家の子が「朝6時でいいならご飯いっぱい余ってるからおいでよ。オムライス作ってあげるよ。」・・・あなたは神ですか。会って数時間しか経ってない私を家に招き入れてくれ、朝ご飯を頂戴いたしました。人が良すぎます。ここで田舎の人間の人情に感動しましたね。

この日からバイトとして一日も早く戦力になるために尽力しました。レストランのメニュー覚えたり、ハンディを使いこなせるように頑張ったり、食器に入れる料理と場所を覚えたり…頭パンクする・・・特に夜は宿泊のお客様の料理を準備しなければなりませんでした。レストランのメニューと違い、会席料理であったりBBQであったりと料理を順番に提供しなければならなかったりして頭を痛めました。(正直今でも覚えてません)。短期バイトとして雇われ来ているのに即戦力になれないとか・・・すごい気負っていましたね。ですが特に大きな失敗をすることもなく毎日忙しさに追われあっという間に数日が過ぎました。

2週間のうち休みが2日ほどあったのですが、1日は地元に戻りもう1日は近くにある祖母の家でこき使われてきました。田舎に休みはないのか…半日畑に出た後家のマツの剪定。剪定初めてやりましたよ。主観的に見れば綺麗に整っているのですが、祖母から見ればいがんでいるからもう1度と何度もお叱りを受けました。剪定難しいよ…

あ!あと鹿!とにかく鹿が飛び出してきます。普通に怖いです。車だめになりますからね。隣の家の子なんて来て2週間ほどでイノシシとぶつかり廃車になったそうです…田舎普通に都会より怖えじゃん…

ここにきて今更なんですが、後半は祖母の家から通っていました。だって…ゴキブリ大量に出るし、部屋暑いし、電波立たないし、ネズミいるし、朝起きたら寝返りで虫いっぱいつぶしてるし…根性なくてすいません。大目に見てください。

そして一番語りたいのがお祭りの日のこと。旅館の駐車場をメインに祭りが開催され売店を任されることになりました。これがまた一癖も二癖もありました。

お祭り当日

田舎のお祭り、一体どこから沸いたんだ・・・普段道では人なんて見ないのに…人間の量に驚きました。そして売店の業務。こればかりはどこもアナログ方式なんですね。私の売店では食料をメインに販売しておりました。まあそのお祭りで食料を売ってる売店がウチ含め二店。いや、普通に少ないしさばききれないよ。そうなんです、これまた売店の従業員の少なさ異常。メニューの数と従業員の数が合っていない。「去年なんて今年より少ない数で売店回してたんだぜ、料金計算無茶苦茶だったけど。」「だったらもっと人増やせよくそじじい・・・」なんて思ったりもしました。昼間はまだ良かったですよ。夕方ごろからもう一つの店が閉まったおかげでお客さんが流れてくるわ流れてくるわ。レジ担当してたんですけど暗算に頭が追いつきませんでした。普通に無理です。お願いですから大量注文そして万札で払うのやめてください。あと「あ、やっぱさっきのなしで」やめてください。誤差出まくりですけどしょうがないですよねっ。あとあれですね、田舎のお祭りだけに同じ売店担当のおっちゃんたち・・・昼間にも関わらず働きながらビール飲んでるんですよ。仕事してください。ほんでもって花火が上がり始めると同時に長蛇の列無視して花火見に行くのやめてください。どう考えても人手不足だよ・・・。狭い土地で芋洗状態。まさにカオスでした。ただやっぱり田舎だけあって人との距離は非常に近いように感じました。気さくに話しかけてくれるし、笑顔で話してくれるし、小さい子は可愛いし唯一の救いでした。

最終日

そんなこんなで最終日。特に何事もなく普通に働いて終わりました。本当に何事もなく。ただ最終日だけあって仲良くなった友達とは2人で私の祖母の家に行き晩御飯を一緒に食べて、最寄りのコンビニ(車で1時間)のところまで車とバイクで行き長々とおしゃべりして帰りました。これ以外にも一緒にカブトムシを探しに行ったりとかしてました。意外と毎日が楽しかった・・・何もないからこそ小さいことでも非常に楽しく感じ、満足することができたような気がします。なんだかんだ愛着沸いてまた行きたいとか思ってるんですよね。(寮には住みたくないけど)。

こんな感じであっという間の2週間を過ごしてきました。終わってみればあっという間だったって風に思うのですから意外ですよね。余暇を過ごすように本とか大量に持って行ってたんですけど余暇がなかったんですよ。仕事終わって普通に寝て朝起きて・・・規則正しい生活習慣が身に付きました。

この2週間で何を得たのか…そう問われると答えに困りますね。とても貴重な経験はできたし…強いて言うなればコミュ力上がった気がします。多少ね…

ブログを投稿していない間、こんな感じの2週間を送っておりました。皆さんはここ最近どうですか。たまには思い切ったことをしてみるのもいいかもしれません。それが何かのきっかけになったりするかも。でも新しいことを始めるのって案外勇気がいったりするんですよね。でもそこでやめてしまえば何も生まれない。であれば恥をかいたっていいからやってみる。そこに価値を見出せるように自分を叱咤激励するしかないです。自分に鞭をふるってみてください。そして心の中でよくやったと褒めてあげてください。最初の一歩ですよ。

では今日はこのあたりで!

 

 

 

PS.おすすめの貯金方法を教えてください。




2 件のコメント

    • 空閑さんコメントありがとうございます。空閑さんはどのような夏休みをお過ごしになられたのでしょうか。
      今年は雨が多いですが残りの日を楽しみましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です