【感想】伊藤計劃「ハーモニー」~ユートピアの果てに待ち受けるのは希望か絶望か~




こんばんは。朝木です。伊藤計劃先生の

「ハーモニー」

読了いたしました。

あらすじ

21世紀後半、<大災禍>と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢”ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した――それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰に、ただひとり死んだはずの少女の影を見る――『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。

裏表紙より抜粋

感想

2度目の読了となります。日常生活の中で優れた科学技術を目にすると、自然と思い出してしまう本作品。便利になり過ぎた世界は果たして「本当に幸せなのだろうか?」本書と著者の問いに何度も頭を悩ませてしまいます。

シンギュラリティの果てに

本書の時代設定や技術革新には心躍る魅力があります。体内にインストールする医療分子や拡現用コンタクトレンズ。「数十年後にはこんな時代が来ているんだろうなあ・・・」と今の生活と未来の生活を比較想像しながら楽しむことができました。

社会的リソースという言葉。人的資源とも言うがそれとは意味の異なるものなのだろう。全人類が他人を資源として大切に思いやる世界。果たしてこれをユートピアと呼んでも良いのだろうか。行き過ぎた思いやりはきっと誰かを苦しめる。その苦しみが世界を飲み込むとき、ユートピアの皮は剥がれ落ちディストピアへと変化するのだろう。その臨界点を私たちは本書を通して知るのだ。

病気にならない体、監視社会、行動の制限。自由と引き換えに手に入れた安心安全に、果たして人間らしさは残されているのだろうか。医療分子の発達は読んでいて心躍るものがありました。未来に対する技術の進歩にただただ憧れる、しかしその反面で失われるものについては何も考えはしませんでした。少子高齢化による人口の減少が、リソース意識へとつながり見せかけの優しさで溢れてしまう。「なぜ私に優しくするの?」「それはね世界がそうあれと望むから」そこに人の意思は存在しているのでしょうか。考えただけでも鳥肌が治りませんね。

ソフトウェアの脆弱性を改めて強く感じました。体内の状況を恒常的に監視し、健康状態をコントロールされる世界。そのデータがオンライン上で管理されている限り、その脆弱性を利用し人間をコントロールすることなど出来る者からしてみれば容易なことなのだろう。今回のような事件が現実として訪れるとき、歴史上最大規模のテロ行為となるのでしょう。

人間の意識とは

生物の有する意識とは何か。根源的な思考について非常に興味を持つきっかけになりました。特に価値判断の基準の双曲線モデル。意識と合理性は必ずしもイコールではないということ。目先の価値について意識を持つ生物は過大評価をしてしまい、そこには合理的かどうかの判断基準は存在していないのだ。

意識することを放棄した生物・・・果たしてその状態は生物と言えるのだろうか。それ即ち機械なのではないかと私は考えます。誰もが社会のために合理的に思考することなく存在する。社会的リソースとして行動せよと、その行動基準は一定のアルゴリズムに従い他者との違いが消失した人間。本書の言葉を借りるのであればそれこそが「調和のとれた世界」であり表面上のみのユートピア、そして事実上のディストピアなのである。便利を極めすぎると生物らしさの喪失に繋がりかねない。非常に深く考えさせられました。

最後に

善意に満ち溢れた世界に突如訪れる集団自殺。その背後には過去の友人の姿が。タイムリミットがある中で奔走するトァンの姿は、まさしくメシアそのもの。友人の過去が暴かれていく中で、彼女に訪れる心境の変化に非常に心を揺さぶられました。想像し難く、したくない描写も多々ありますが、ユートピアの臨界点を描く本書から学ぶことは非常に多く、未来に対して希望と絶望の相反する思いを抱きました。あなたも未来の可能性について一緒に考えてみては如何でしょうか。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です