【感想】宮下奈都「羊と鋼の森」静謐な世界で描かれる音と言葉の魅力




こんはんは。朝木です。今回は宮下奈都先生の

「羊と鋼の森」

読了いたしました。

あらすじ

高校生の時、偶然ピアノ調律師の板島と出会って以来、調律に魅せられた外村は、念願の調律師として働き始める。ひたすら音と向き合い、人と向き合う外村。個性豊かな先輩たちや双子の姉妹に囲まれながら、調律の森へと深く分け入っていく。一人の青年が成長する姿を温かく静謐な筆致で描いた感動作。

裏表紙より抜粋

感想

この物語はどこかじめじめした暗い夜の道を、夜明けに向かってゆっくりと歩いているように感じました。インパクトに欠けていると言ってしまえばそれまでかもしれない。ですが淡々と静謐に描かれる青年の成長譚には、多くの魅力溢れる言葉と音が確かに存在しています。もちろん読後は温かな涙がこみ上げてきました。

調律師という音楽に精通しなければならない知ることのない仕事。私の中での調律師はそのような存在でした。ピアノの一音一音を丁寧に演奏者の希望に沿って合わせていく。演奏者でさえ言葉で表現することの難しい音を調律師は汲み取らなければならないのですから、調律師という職業はまさに誉れ高き職人ですね。そう考えると音と言葉は非常に近い存在なのかもしれません。自分の表現したい音を言葉として表現することで具体的なイメージができるのかもしれない。私は音楽に精通してきた人生ではないですが、ピアノの奏でる音には何度も心を奪われ魅了されてきました。同じ曲であっても弾き方1つで別の曲にもなり得る魔法の楽器。ピアノの魅力は語りつくすことが出来ません。

本書で特に印象に残っている部分が、「最高の調律をしても演奏者が弾きこなせない」と言っていた部分。だから我々は最高の仕事ができないこともあると口にしていた。この場面を目にしてからどうも歯がゆい感じが拭えません。調律師である以上どのピアノも演奏者のイメージに合わせて最高の音を調律したいはず。それなのにその音が演奏者を殺してしまっては本末転倒もいいところ。演奏者の技術と調律が調和してこそ真の意味でピアノの音が完成するのだと感じました。

双子の姉妹と青年が紡ぐ物語。それぞれの道を歩んで行くと決めた少女。そんな彼女たちの決意の瞬間を目にした時、確かに体温が上昇したことを覚えています。彼女たちの奏でる音は世界一、もしかすると相対的に比較するものでもないのかもしれません。演奏者一人一人に自分の音楽があるわけで、それが誰かと重なることは決してない。しかし調和することはある。その調和が魅せてくれる世界に私は迷い込みたい。演奏者の技術とピアノの調律が調和した演奏を感じたいと強く思うようになりました。

そしてラストの展開です。暗いじめじめした物語だと思っていましたが、最後には夜明けの光が待っていた。この気持ちを表現するのに適当な言葉が見つかりません。こう、何と言うか、とにかく嬉しかった。彼女の調和が見られて本当に良かった。彼女たちに光が射して本当に良かった。

最後に

以前に恩田陸さんの「蜜蜂と遠雷」を読んでから、調教師の存在を知り彼らの物語に触れてみたいとずっと思っていました。はっきり言いますが温度差が全く違いますね。どちらがダメと言うわけではなく、そもそも描きたいものが違うのだから温度差があって当たり前なのです。文庫版が出る以前から本書の存在は知っていたのですが、評判があまり良くなかったことを気にして買わなかったことを覚えています。ああ……過去に戻れるのであれば、そのような浅はかな考えを持った自分をぶん殴ってやりたいですね。「なぜ自分で読んでみてから評価しないのだ」と。きっと熱くなれないと思っていた自分を叱責してやりたい。そもそも描きたいものが違う時点で、比較していることがおかしい。まさに愚行である。もし私のような考えをしている人がいるのであれば、自分自身でほっぺをつねってください。そして今すぐ書店へ行ってください。ピアノが音楽が好きなのであれば絶対に読むべきだと私は思います。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です