【感想】三浦しをん「舟を編む」言葉の持つ魅力に憑かれた人々が織りなす最高のお仕事小説




こんばんは。朝木です。三浦しをん先生の

「舟を編む」

読了いたしました。

あらすじ

出版社の営業部員・馬締光也は、言葉への鋭いセンスを買われ、辞書編集部に引き抜かれた。新しい辞書「大渡海」の完成に向け、彼と編集部の面々の長い長い旅が始まる。定年間近のベテラン編集者。日本語研究に人生を捧げる老学者。辞書作りに情熱を持ち始める同僚たち。そして馬締がついに出会った運命の女性。不器用な人々の思いが胸を打つ本屋大賞受賞作!

裏表紙より抜粋

感想

言葉の魅力に取り憑かれ、辞書の編纂に没頭し続ける登場人物たち。彼らを変わり者を見るような少し冷めた目で見つつも、読み進めるにつれて非常に羨ましく思うようになりました。「何かに熱中し続ける人は誰よりも輝いている」言葉の通り没頭することの美しさをしみじみと感じました。

当初は辞書編纂をテーマにした小説と聞き「地味すぎやしないかい?」エンターテイメント性に欠けるのでは・・・と心配になりましたが杞憂でしたね。これほどまでにユーモラスかつドラマチックな物語に昇華させる著者の技量はまさに圧巻。

言葉を知り変化する人々

言葉の魅力に気づき変化していく人々。言葉に繋げられた人々。特に西岡と岸辺の変化に人間味が色濃く出ており、非常に愛おしく思えました。何に対しても熱くなれず、むしろ何かに熱中している人を冷めた目で見てしまう西岡。そんな彼が人生で唯一と言っても良いほど初めて熱くなれたもの。それが馬締の辞書に対する熱い思いでした。そんな彼同様、部署移動でやってきた岸辺も幾度となく挫けそうになっていました。そんな彼女に情熱を与えたのも馬締でした。そんな彼の魅力やエネルギーに私たちもきっと影響されるのでしょう。

言葉の力

言葉の持つ力は今も昔も変わりはしない。私たちにとって言語化機能を持つことこそ最大の幸福かもしれませんね。「曖昧な記憶を言語化することにより、記憶として脳に刻み込む」本書にもあったように美味しいというふわふわした記憶を言語化することで、明確に思い出すことができるのだ。イメージを具体的に伝達する場合の言葉選びは非常に重要となってきます。その選択は最早センスと言っても過言ではないほど、当人を表現するもの。言葉を一つでも多く知ることに、意味はあるのではないでしょうか。

辞書編集部の信頼

辞書完成までの道程は、正に大冒険そのものでした。彼らが魂を賭して言葉に捧げた情熱。この情熱は私が出会った中でも、最も熱量を多く含んだ愛だったのかもしれません。諦めたくなるような壁に阻まれようとも、仲間と一致団結し修羅場をいくつも潜り抜ける姿は、スポ根にも匹敵する信頼関係がありました。一つの目標に向かって協力し努力することの素晴らしさ、どのような環境であってもこの姿勢とその輝きが鈍るはないでしょう。

未完成

「未完成」という言葉の持つ未来への期待。完成はゴールではなくスタートだということを強く感じました。推敲に推敲を重ねてもなお変化し続ける言葉。私たちの生活が続く限り、言葉を使用し続ける限り、辞書の編纂にゴールはないのでしょう。長い年月をかけ後世に受け継がれ、昔も今も変わらず編集者の情熱を宿し続ける書物。ただ単に言葉が載っているだけでなく、壮絶なドラマが隠されていたのですね。その想いに気付くことが出来たのは、非常に大きな収穫と言えるでしょう。

最後に

辞書の編纂を巡るお仕事小説。辞書に対して何も持っていなかった登場人物たちが、辞書に対する情熱に包まれていく姿には、何度目を通しても胸を打たれます。好きだからこそ本気になれる。その姿勢の大切さに改めて気づかされました。

私個人としては馬締と香具矢の恋愛模様にももう少し焦点を当てて描いてほしかったですね。独特の雰囲気を持つ二人がどのようにして仲を深めていったのか、ファンとしては気になる所存であります。後日譚としてスピンオフ作品でも読みたいですね。

何はともあれ言葉の持つ力、そして魅力に気づかされる一冊です。本書を通した前後では、自身の言葉の使い方に変化が生じるかもしれませんよ?




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です