【感想】恩田陸「蜜蜂と遠雷」本書から溢れる音と天才たちの熱戦に誰もが涙する・・・




こんばんは。朝木です。少々間が空いてしまいました。今回は恩田陸先生の

「蜜蜂と遠雷」

読了いたしました。

あらすじ

3年毎に開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」というジンクスがあり、近年、覇者である新らな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンで妻子もおりコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ・アナトール19歳。彼らをはじめとした数多の天才たちが繰り広げる競争(コンペティション)という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

裏表紙より抜粋

感想

漸く読み終えました。非常に大作であった。読み終えた人は必ずこうつぶやくはず。「ピアノって、音楽って本当に良いなあ」と。私自身音楽はもちろん、ピアノも聞く専門ですので知識など皆無と言い切っていいほど持っておりません。読み始める際はそれでも飽きずに読み切ることができるのだろうかと不安でしたが、いざ物語が進むと手が止まらない止まらない。そこには恩田陸先生の描く「圧倒的臨場感」「音楽界という限られた天才のみしか立ち入ることの許されない世界に足を踏み入れることのできた充実感」。この2つの側面が卓越した文章力で明快に表現されていたこと。恥ずかしながら恩田陸先生の作品を読むのは今回が初めてです。一瞬にしてファンとなりました。では内容の紹介に移りたいと思います。

あらすじにもあったように本書では、特に4人のコンテスタントに焦点を当て物語が展開されております。1名ずつ簡単な紹介と彼らの感想を個々に述べていきたいと思います。

風間塵

本書で私の1番のお気に入り。彼の人間性が本当に大好きです。自由奔放で人懐っこく天真爛漫な少年。そんな彼はピアノを持たない。なぜそのような少年がここまでの実力を手にすることができたのか。それは音楽の神に愛されているから。彼の奏でるピアノは音は大きく、そしてぐんぐん伸びていく。どんな曲も自分らしく演奏したいように演奏する。そして、聞いた人が「ピアノを弾きたい」と思うような音楽。まさしく人を翻弄する音楽でした。一度でいいから生で聞いてみたいと、心の底からそう感じました。どんなピアノであれ、彼はそのピアノの持つ最高の音を引き出すことができる。それはきっと彼がピアノを弾くことに対して非常に飢えていたからでしょう。ピアノを持たないからこそ渇望して、その果てに限られた時間でしか触れていることのできないピアノに、自身の最高を持って練習に取り組む。ピアノ弾きたいという思いが最高の練習環境を作り上げていたのだと。彼の音楽は彼の人生そのもの。彼が感じたもの見たものをそのまま聞く人に伝えてくれる、言わば一方的に彼が話しかけている感じ。彼を知りたいならば、彼のピアノを聞けばいい。

本当に彼の奏でるピアノには終始興奮させられました。彼の奏でる音が、魅せる風景が匂いの全てが私の五感を刺激する。そしてその情景描写を単純明快に言葉として私に届けてくれた恩田陸先生。最高の物語と最高の作者が織り成す世界は、いつも私の想像を超え感動という言葉では言い表せない、とてつとなく大きな衝撃を与えてくれました。彼の音楽は劇薬になるかもしれない。ホフマンは本書で彼をこう讃えていた。本書に向き合うこと自体が、まさに読む人にとっては劇薬になるかもしれませんね。そして彼は起爆剤でもあった。異色の天才に触発された天才は、より一層自らの才能を開花させる。コンクール中にもどんどん進化する彼らは本当に次元が違いました。

栄伝亜夜

「消えた天才少女」と称される彼女は、天才の名をほしいままにしてきた。しかし「これまでなんのためにピアノを弾いていたのか」母を失った時から彼女はピアノを弾く理由まで失ってしまっていた。そんな彼女の心情を赤の他人が汲み取れるはずもなく、罵詈雑言を浴びせられ陰口を叩かれ、醜い世界を目の当たりにしました。人を泣かせるピアノって、音1つ1つに何か特別なものが詰まっているのでしょうか。聞いた人が個々に自分の胸の奥にある大切なものを想起させるような音。心地良いに違いない、彼女の音とその音に包まれた空気そのものが。

高島明石

音楽に生きるものだけが優れているとは限らない生活者の音楽が彼らより劣るというのはおかしいのではないか。そんな怒りを心の奥底で燃やし続けている現役サラリーマンのピアニスト。「何かを始めるのに年齢も環境も関係ない」そんな風に教えられた気がします。音楽は人を選ばない、天才でも凡人でも好きだという気持ちが大切なんです。最年長であろうとも、大切な演奏を前に緊張するのは当たり前。それだけ本気で、文字通り人生を賭しての挑戦なのである。生活者の奏でる音楽が一体どれほどのものなのか。そんな彼の音は悉く彼の人間性に忠実でした。おおらかであり全てを包み込んでくれるような音。遠い昔の母の子守唄を聴いていたような居心地の良さを覚える。そのような音を奏でていました。

マサル・カルロス・レヴィ・アナトール

「ジュリアードの王子」と称されるコンクールの優勝候補であり、生まれながらにして音を持った神童。そんな彼をピアノと引き合わせてくれた少女。この出会いが運命なのか偶然なのか、この青春に非常に穏やかな気持ちになったことを覚えています。彼の奏でる音はとにかく音楽が大きく、様々な可能性に満ち溢れていることを感じさせてくれました。そしてそれを余裕で奏でる彼の技巧。まさしく貴公子なのだと。

天才のみが立つことを許された舞台

彼らのような天才達が同じ舞台で競い合う。そう聞くだけで興奮が抑えきれませんよね。一体何を基準に優劣をつけるのか。正直次元が違い過ぎて想像ですらできませんでした。彼等の人間性がピアノを通してそれぞれの音となり聞く人に伝わってくる。きっとわかる人にはわかるのでしょうね。音を聞いただけでその人がどういった人間なのか。そんな彼らも一人一人奏でる音楽が独創性を持っており、音楽というジャンルの中で、そしてピアノという限られた世界でこんなにも言葉だけで個性を表現できるものなのかと。作者の技巧にただ驚くだけでした。音楽界の天才達を言葉で表現できる作者も言わずもがな天才でしたね。

最後に

何より登場人物の音楽とピアノに向ける愛情がすごかった。勝負の世界において定番であるライバルも明確な敵も存在しない物語なのに、熱くなれたり、緊張したりする場面が非常に多かった。そしてこれまでに人生の中で音楽に感謝した事があっただろうか。音の満ちた世界、世界に満ちている音楽はこんなにも素晴らしいのだと。まさに多くの多種多様な感動を体験できました。「今一度音楽の在り方を振り返るのだ」と本書から、いや、音楽の世界から啓示を受けた気がしました。次回読む際はコンクールで演奏された曲を一緒に聞きながら読み進めたいものです。もう一度言いますがピアノコンクールという「音」が支配する世界を言葉のみで表現した恩田陸先生の文章力、まさに驚嘆を禁じ得ない。本書を読んでいるのといないのとでは実際のコンサートでの感じ方も全く違うものになるかもしれません。音楽が好きな方には是非読んでいただきたい1冊でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です