【感想】鴨志田一「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」読むと必ず涙する感動青春群像劇、始動




こんにちは、朝木です。鴨志田一先生の

「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」

読了いたしました。

「青春ブタ野郎」シリーズの紹介。

2017.06.10

こちらもどうぞ。

あらすじ

梓川咲太は野生のバニーガールに出会った。しかも彼女はただのバニーガールではい。咲太の高校の上級生にして、活動休止中の人気タレント桜島麻衣先輩だ。数日前から彼女の姿が”周囲の人間に見えない”という事象が起こり、図書館内で検証をしていたらしい。これはネットで噂の不思議現象”思春期症候群”と関係があるのか。原因を探る名目で麻衣とお近づきになった咲太は、謎の解決に乗り出すが__?

帯より引用

感想

間を空けて二回目となったのですが最高ですね。一度目に読んだとき同様に何か触れてはならないものに触れてしまった高揚感。知っている内容のはずなのに非常に感情を揺さぶられる。私の中に忘れられない物語として深く刻み込まれています。

タイトルは軽い感じがしますが、内容的には重いかもしれません。時には胸を締め付けられるようなシーンも。そこも絶品なのですが。

咲太の正直で真っ直ぐ過ぎる性格。大好きです。最後のシーンとか本当にバカだなあ・・・とか思いつつ涙流しながら読んでいました。(二回目です)ただひたすらに格好いい。人として尊敬してしまうくらいに格好いいんです。そしてその咲太の人を想う気持ちがひしひしと伝わってくる鴨志田一さんの表現力。そして麻衣さんの人間性。年上らしく振舞おうと精一杯演じているけど、顔を赤らめている部分とか初心すぎて本当に可愛いです。

感動はもちろんですがそれも踏まえ楽しませてくれることが本書の魅力でもあります。特に咲太が軸となっている会話シーン。生意気で変態チックなトークは何度見てもいいものです。麻衣さんとの性格もあってか会話にいい味が出ています。

皆さんも麻衣さんと同様に一度くらい「誰にも認識されない世界に行ってみたい」そういう風に考えたことがあるのではないでしょうか。そうですね、透明人間になって悪いことをしてみたり、自分さえいなければ・・・なんて考え込んでしまったり。ただ単に自分の存在しない世界に興味を持ってみたりと理由は多々あると思います。ですが実際に「自分」の消えた世界を認識するなんて不可能ですよね?できたとしても漠然とした想像だけ。どのような世界か知りたいのなら是非「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」こちらに目を通していただきたいです。恐らくもう二度とそんな風に考えたりはしないでしょうから。

最後に

本書では量子力学で有名な「シュレディンガーの猫」「思春期症候群」の内容として取り上げられています。難しい顔をしないでください。理央がきちっと解説してくれますから。日本人特有の「空気」との向き合い方を揶揄するにはこれ以上いい例えはない。SNS(LINEなど)を軸とした見えないルールで縛られ続け窮屈さを覚えた人もいるでしょう。一度生まれた空気は周囲に伝播し、それが同調へと変化し一定の人間を苦しめる。皆さんも一度くらいは目にする、いや、感じたことがあるのではないでしょうか。「空気」と正面から向き合い戦うことがどれだけ無謀であり愚かな挑戦であろうか。集団を前にして個人が無力なのは自明の理。しかし一人でも仲間がいてくれるのなら、大好きな人のためならば「人」というのは高くそびえたつ壁でも易々と超えていくのであろう。時には傷つきながらも。

恐らく私自身が登場人物の全員を好いているのでしょうね。「さくら荘のペットな彼女」と同様で嫌いな主要人物が登場しないんです。

今後のシリーズも同じような展開で物語が進みます。多くのことを教えてくれることが本書のいいところでもありますね。皆さんも一度手に取って私と同じ感動を味わってみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です