【感想】川村元気「四月になれば彼女は」灰色の物語に読後は深く考えさせられる




こんばんは。朝木です。今回は川村元気先生の

「四月になれば彼女は」

こちらの感想を書いていきたいと思います。

あらすじ

4月、はじめて付き合った彼女から手紙が届いた。そのとき僕は結婚を決めていた。愛しているのかわからない人と。天空の鏡・ウユニ塩湖で書かれたそれには、恋の瑞々しいはじまりとともに、二人が付き合っていた頃の記憶が綴られていた。ある事件をきっかけに別れてしまった彼女は、なぜ今になって手紙を書いてきたのか。時を同じくして、1年後に結婚をひかえている婚約者、彼女の妹、職場の同僚の恋模様にも、劇的な変化がおとずれる。愛している、愛されている。そのことを確認したいと切実に願う。けれどなぜ、恋も愛も、やがては過ぎ去っていってしまうのか。失った恋に翻弄される、12ヵ月がはじまる。

本書の帯より抜粋

感想

淡々と物語が進むも夢中でページをめくった。バラ色とは対照的である灰色の物語に、なぜこんなにも心を惹かれたのだろう。誰も気づきようのない「愛」の真実にたどり着いたからだろうか、はたまた「愛」の中に生きている私たちの意識とは乖離した場所にこの物語が存在しているからだろうか。否、きっと私自身がずっと「愛」を探す彼らに警鐘を打ち鳴らされたのかもしれない。きっと誰もが「恋」や「愛」について考え直すだろう。

私の中で1番深く印象に残ったのはハルの手紙ですね。別れた彼女からの手紙を読み回想する部分は特に切なかったです。ハル自身「死」を前にして生きていることを実感し、想い人に自身の全てを伝えたかったのではないでしょうか。結局最後はハルの手紙がきっかけで、フジは大切な人を今度こそは離さない、離してはならないと決心したようにも感じました。

「恋とは」

「恋」の正体とは一体何なのでしょうか。よく言われているのが「一時の気持ちの高鳴りであり風邪みたいなもの」ということ。ですが私たちはその瞬間をかけがえのない時間だと思い込みますよね。その人がいるだけで何もかもが特別に思え、自身の見る世界が色濃くなる。そしてこれが一生続くのだと。いずれ終わりが来るかもしれないことを、脳裏に焼けつけながらその時間を過ごす人などよほどの理由がない限りごくまれでしょう。そして誰もが思うはず、彼(彼女)にとって私は特別であり、唯一無二の存在であると。

しかしそう思ったにも関わらず2人だけ時間が経てば経つほど、積み重ねてきた信頼が疑心と比例してくるのです。「本当にこの人は私でなければならないのか」「私とあなたの愛は釣り合っているのだろうか」「もっと愛されたい」と。最初にも言ったように「恋」とは風邪みたいなものです。気が付けば誰かが私の意識の中にいて、次第にそれが大きくなり、愛し愛されたいと思うようになる。

ではその胸の高まりが静まればどうなるのでしょう。「気持ちが浮ついてくる」のでしょうね。それと同時に2人の時間が重なれば重なるほど関係に余裕も生まれてくる。「もう私なしでは生きていけないだろう」と。ここでよく言われるのが「依存」という状態ですね。本当に2人を繋いでいるのは「恋」の気持ちなのか、それとも「自分の居場所」を無くしたくないと思う「恋」とは何も関係のない気持ちなのでしょうか。ここに当てはまる解は私にはわかりません。

そして何より自分自身が抱いている戸惑いや疑心は、相手に見抜かれているということ。本当に自分を愛してくれているのか。長い時間を共に過ごしていれば自然と見えてくるものなのでしょう。それが見えてこないということは、あなたは相手を深く見ていないのかもしれないですね。

「好き」って結局のところ面倒くさい?

だったら「好き」って感情が無くなれば人は単純で生きやすくなるのでは・・・なんて思ったこともあります。荒唐無稽すぎますね。「恋」をしなくなったら頭を抱える問題を1つ自分の中から取り除けるわけですから。

しかし人間にのみ与えられた「好き」という感情が無くなれば、私たちはどうなるのでしょうか。「積極的に行動しなくなる?自己表現が薄くなる?努力しなくなる?そんなのただの機械と変わらないじゃないか。」そうです、私たちはこの「好き」と一生どこまでも深く付き合っていかなければならないのです。

対象が何であろうとそれは取り除くことのできない感情。だったら自分に合う「好き」の形を生涯を賭して見つけ出すしかないのです。世の中には「好きこそものの上手なれ」ということわざも存在します。好きだからこそ一生懸命になれるし、誰にも負けない努力ができるのではないでしょうか。

最後に

本の大部分より「恋」について自分の考えを書いてしまいましたが、本書の登場人物各々が現実的な問題を抱えていて、いい意味で頭を悩まされます。特に同僚の精神科医の話には、目頭が熱くなりました。しかし話の展開に大きな変化はなく物語は淡々と進みます。その点に関して白けてしまう人もいるはず。恋愛小説といえば読者の胸を高鳴らせる展開を期待してしまいますよね。その分本書は深く考えさせられると言いますか。自分を見つめなおすいいきっかけになりました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です