TAG 小説

【感想】冲方丁「マルドゥック・スクランブル 燃焼」カジノでの熱戦から目が離せない!

こんばんは。朝木です。今回は冲方丁先生の 「マルドゥック・スクランブル 燃焼」 読了いたしました。 あらすじ 少女は戦うことを選択した――人工皮膚をまとい、高度な電子干渉能力を得て再生したバロットにとって、ボイルドが放っ…

【心に残る】泣ける!感動小説おすすめ7選!

こんにちは、朝木です。世の中にごまんと溢れる小説の中で、何を読んだら感動できるかわからない。そんな方に特に私が感動した作品を紹介していきたいと思います。ストレスの多い現代社会、涙を流して心をリフレッシュするのに最適な作品…

【感想】冲方丁「マルドゥック・スクランブル 圧縮」絶望の淵にいた彼女はそれでも生きることを選ぶ・・・

こんばんは。朝木です。今回は冲方丁先生の 「マルドゥック・スクランブル 圧縮」 読了いたしました。 あらすじ なぜ私なの?賭博師シェルの奸計により少女娼婦バロットは爆炎にのまれた。瀕死の彼女を救ったのは、委任事件担当官に…

【感想】鴨志田一「青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない」誰にだって未来を選ぶ権利はある

こんにちは。朝木です。今回は私の大好きな鴨志田一先生の作品 「青春ブタ野郎はおでかけシスターの夢を見ない」 読了いたしました。 こちらもどうぞ。 あらすじ 初恋の人・翔子の未来を願った12月が過ぎ、いつの間にか咲太も高校…

【感想】森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」今回も森見ワールド全開!御都合主義万歳!

こんにちは。朝木です。今回は森見登美彦先生の 「夜は短し歩けよ乙女」 読了いたしました。 あらすじ 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。…

【感想】住野よる「青くて痛くて脆い」本書は読者に何をくれる!?人は誰しもが傷つけあう・・・

こんにちは。朝木です。今回は住野よる先生の 「青くて痛くて脆い」 読了いたしました。 あらすじ 人に不用意に近づきすぎないことを信条にしていた大学一年生の春、僕は秋好寿乃に出会った。空気の読めない発言を連発し、周囲から浮…